クロミッド

排卵誘発剤<クロミッド>は、どうしても妊娠したい方の不妊症治療薬

「排卵誘発剤」とは?

「排卵誘発剤」とは、その名の通り「排卵」を誘発させる薬です。

代表的なお薬として「クロミッド」があります。クロミッドの詳しい効果・効能のご説明の前に、まずは「排卵」の発生について少し触れておきたいと思います。

卵巣から卵が排出される「排卵」という現象(※生理開始日から数えて15~18日目に起きます)は、脳下垂体から分泌されるある2種類のホルモンの卵巣への刺激によって引き起こされます。

その2種類のホルモンが、卵胞刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンで、通常は間脳視床下部で生成される性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が脳下垂体を刺激することにより分泌されます。

これは言い換えれば、性腺刺激ホルモン放出ホルモンが十分に分泌されなければ、卵巣も良い刺激がもらえないため「排卵」が起こらないということです。当然、必然的に妊娠できる可能性も減ることになります。

そうした原因で不妊に悩まされる女性に効果的なお薬が、「排卵誘発剤」です。

排卵誘発剤「クロミッド」の効果と妊娠率

排卵誘発剤とは、卵巣を刺激するホルモンの、またはそのホルモンの分泌を促すホルモンの補助をするメカニズムを持つ薬です。

「排卵誘発剤」と一言で言っても、「エストロゲン(卵胞ホルモン)剤」、「プロゲストロン(黄体ホルモン)剤」など多様な種類がありますが、それらの中で最も一般的なお薬がクロミッドです。

クロミッドは、排卵に重要な「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」を分泌する間脳視床下部に刺激を与えることで、卵巣内にある卵胞の成熟を促進させ、「排卵率」を60~80パーセント・妊娠率を最大30パーセントまで引き上げる効果を持ちます。

また、他のお薬に比べて極端に激しい副作用は起こらず費用の負担も少ないことから、昨今では主な不妊治療薬の1つとして多くの女性の不妊治療に使用されています。

排卵検査薬が1本69円 - 通販で購入できるおすすめの排卵検査薬

排卵日とタイミングクロミッドの副作用クロミッドの入手方法HOMEへ戻る